ょくどうしゃ 通販ならおまかせ♪

一つは寄贈予定)食物アレルギーのある男の子むっちゃんが、電車に乗っていると、中は動物たちがいっぱいの電車。絶版になったと聞き、今回3冊目は自宅用に購入しました♪幼稚園児にも理解しやすい内容で、動物たちが草食肉食であるのと同様に「身体に合ったものを食べる。かわいいイラストとわかりやすい言葉で、アレルギーのことを子供なりに理解できると思います。

早速ご紹介!

2017年01月14日 ランキング上位商品↑

ょくどうしゃむっちゃんのしょくどうしゃ [ 國本りか ]

詳しくはこちら
 b y 楽 天

ハンデと思われがちなアレルギーですが、個性って表現が素敵でした☆食物アレルギーがある子供たちへの本です。食物アレルギーを2歳の息子に具体的にイメージできるように、と探して見つけた絵本です。『それぞれ身体に合ったものを食べる』ことをうまく伝えていて、良い絵本だと思います☆2歳の息子は食物アレルギーがあり、食べるものがかぎられています。しゅんの好きな絵本です。食物アレルギーっ子自身にも、そして集団生活を送るうえで周囲の子ども達にも読んでもらいたい絵本です。2歳の次男はどうぶつの絵がお気に入り。 娘に「どうして食べられないの?」という訊かれてうまく答えられる自信がありません。自分が食べられるものを食べたらいいんだよ。好き嫌いと一緒だよ。そんなとき!みんなといっしょじゃなくてもいい!違ってもいいんだよと教えてくれる本だとおもいます。まだまだ小さい息子ですが!みんなと違うことをつらいと思う時期がくると思います。食物アレルギーのお子さん向けに書かれた絵本です。「たべられないものがあっても!ちっともおかしいことじゃない」娘が食べられないことに劣等感を感じることなく過ごせるように!この本を読んであげたいなと思いました。その子その子に合った物を食べていけば良いという事を!子供達はこの絵本から学んでいました。2歳の娘は食物アレルギーなのですが、どうすれば食べられない物があることを娘にうまく伝えられるかな?理解してもらえるかな?ということを考え始めたので購入しました。(今回は二冊目。買って数ヶ月経ちますが、息子にはアレルギーを理解するのにとても役立ったように思います。アレルギーっこの素直な気持ちが描かれてて良かったです。。アレルギーがある1歳すぎの息子のために。絵も出てくる動物もとてもユニークで!親子とも気に入っています。絵も明るくとてもカワイイし!動物好きの娘はきっと気に入ってくれると思います。たくさんの動物がでてきて、絵を見てるだけでも楽しいようです。食べられないものがあってもおかしくないよ」と書かれています。食アレのむっちゃんが乗った電車には、たくさんの動物が乗っていて、動物はそれぞれ自分の身体に適したものを食べる…というお話です。5歳の長男は!自分で読んで!むっちゃんと自分を重ねているようです。過去に幼稚園へ1冊、小学校へ1冊寄贈しました。まだまだ内容はわからないだろうけど、いつかくるその日のために。食物アレルギーで!何でも食べれないけれど!それは決しておかしい事や可愛いそうな事ではないという事を教えてくれます。親の私もなんだかホッとできた絵本です。